生主見聞録

リニューアルしました。好きなことを書きます。

死んだ配信界と配信界の今後

2016.11.01 (Tue)
僕がユーザー生放送という物を知って早くも12年以上が経過しました。
「もう配信界は終わったな~俺も早く配信から立ち去らなくては」と考え始めてからなんやかんやでもう既に4年が経過しました。
正直よくここまでこんな面白くないコンテンツが伸びたなと凄い驚いています。
本日は最近の配信界の動向と今後についての予想を『ニコニコ生放送』『Twitcasting』の二大人気配信サイトから視て書きたいと思います。

『ニコニコ生放送』
2012年位まで人気生放送と言ったら『荒らし』『エロイプ釣り』『キチガイ配信』『喧嘩凸』『脱ぎ』等、所謂アウトロー系やキチガイ系と呼ばれる配信が人気放送の大半を占めていました。
その世代までの所謂臭い放送の代名詞と言えば『声真似』『イケボ(笑)』『顔出し』等所謂アイドル系配信者という単語は悪口以外で使われることはほぼほぼ無かったと記憶しています。
2012年以降と言えばほぼゲーム配信一強と言えるほどゲーム配信が強く現在では配信枠の7割ほどがゲーム配信という事も珍しくは無くなってきました。
これはニコ生が出来る以前の絶対王者『peercast』とほぼ全く同じ傾向であのサイトでも昔は外配信やキチガイ配信、喧嘩凸が盛り上がっていた時期がありましたが今ではほとんどの枠がゲーム配信となっています。
また2012年以降荒らし配信者と呼べるような配信者はほとんどいなくなってしまいそれに伴い自分のことを『イケボ』『アイドル』と称してしまう所謂痛い配信者が急増してきたように感じます。
普通に考え一般的な思考を持つ人ならば自分のことを『イケボ』『アイドル』等と称すような頭のおかしい人達を好きになるということは無いと思いますがアイドル系配信者の急増に伴い自分で自分をイケボだと称したりする配信者に対し疑問を持たない人が増えてきたように感じます。(集団心理って怖いですね)
現在、ニコニコ生放送では4年間あまり配信ジャンルの移り変わりがなく良くも悪くもゲーム配信者達の巣窟となっているようです。
ツイキャスの繁栄に伴いニコニコ生放送はどんどん過疎って行くのかなと思ってはいましたがなんやかんやで金の力で延命はしているように感じますのでしばらくは金の力で現状維持を続けていくのかなと思います。
ただニコニコ生放送は運営さんの頭があれですので恐らく3日で潰れた『ニコキャス』や近年続くデザインの改悪同様今後もニコ生が頂点を奪還することはないと思います。

『Twitcasting』
2014年位から急にトップ配信サイトに躍り出たTwitcastingことツイキャス。
僕が配信を始める前のツイキャス(~2013年)では主に声真似とエロイプ釣りが流行っていました。
2014年、ツイキャスでは『企画配信』が圧倒的一強で次に『顔出し』が流行っていました。
2014年には名実共にニコ生トップのエロイプ釣り配信者だった僕がツイキャスでエロイプ釣りを始めたことをきっかけにツイキャスでのエロイプ釣りの枠数や閲覧数は一気に過疎りオワコンになりました。(自称ではなく当時人気だったエロイプ釣り配信者数人も同じ意見でした)
また声真似配信者も企画配信者の圧倒的人気や声真似配信者を潰す配信者(ぺ◯たんこ、み◯ずにゃん)のせいで一気に過疎配信にまで追い込まれてしまいました。
2016年現在ツイキャスでの人気配信は『ゲーム』『顔出し雑談』となっています。
企画配信の筆頭だったコレ◯レ氏は途中で企画配信から暴露配信へ路線変更をしたものの暴露配信は運営のストップがかかってしまい。主に雑談配信と手抜きな企画配信に切り替わってしまいました。
同じく企画配信をしていた私こと零分もリアルの都合や元々低すぎる配信頻度が更に低くなり企画配信者はほぼオワコンとなってしまいました(元々企画配信者で人気だったのは二人だけだった気がしなくもないけど)
零分の消滅に伴い昨今では本当に何年前のクオリティーなの?と言わんばかりの凄いレベルの低いエロイプ釣りが人気を盛り返しました。(※現人気エロイプ釣り配信者達も認めています)
また最近ゲーム配信者が伸びてきていますがこれの理由は正直わかりません。
2014年位でオススメトップにいたゲーム配信なんて僕のホラゲくらいだったように感じますが最近では同時閲覧3000を超えるようなゲーム配信も少なくないです。

ツイキャスは現在配信界トップの配信サイトなのであまりケチをつけたくはないのですが、
旧王者ニコ生と同じ末路を辿っている気がしてなりません。
ニコ生も当時はエロイプ釣り、荒らし等の所謂キチガイ系配信が盛り上がっていた時が全盛期となっており、彼らがいなくなると共にゲーム配信者やアイドル系配信者達が盛えたことにより刺激の無さを原因としてオワコンサイトとなりましたが今のツイキャスもほぼ同じ末路を辿っている気がしてなりません。
現に2年前のツイキャスの人気配信と言ったら『一人かくれんぼ』『架空請求に電凸』『援交女をしばく』等タイトルだけで興味を引かれる刺激たっぷりの配信でしたが最近のツイキャスの人気配信と言えば
『マスクを取る配信』『マリオカート』『外で踊る配信』というように誰得なの?と言わんばかりの塗り絵や積み木をするのと大差ない程度の刺激の無い配信が多くなってきました。正直僕はこれらを見るくらいなら一人でドミノ作って倒してる方が楽しいなと感じます。こんな見るからにつまらなさうなタイトルの配信が伸びているなんて嘘みたいに感じるだろうけど事実です。
タイトルだけから視てもわかるほどそれほど面白い配信がなくなった為に誰得?みたいな配信にスポットライトが当たっているという証明となるのではないでしょうか?

『今後の展望』
正直、ニコニコ生放送についてはもう助けようが無いと思っています。
人気配信者からも愛されずリスナーからも愛されずツイキャスのリスナー層がガキ過ぎてやってらんねぇから仕方なく配信をしている人がほとんどというのが現状だと僕は考えております。
ツイキャスに関しては近年迷走っぷりが半端ないと言わざる負えないのが現状だと考えています。
ニコ生の衰退の歴史についてしっかり学んでいればこうはならないだろうと言うことは明白だと思うのですが近年のツイキャスは大して閲覧が稼げるわけのない『イケボ』や『ショタボ』等を推していてどこに向かっているのだろうと言う考えです。
一般人相手に「ツイキャスでは自称イケボのイケボ配信者がかっこいいから視たほうが良いよ」と言われて果たして興味をひかれるでしょうか?少なくても僕は興味はひかれませんがそんなこと言ってる人がいたら純粋に引きます。
ただツイキャスはオススメ欄の性質上人気配信者次第で配信サイトの色を大きく変えることが出来ると思うので配信者次第で十分修正は間に合うのかな?という印象です。
僕はツイキャスの運営さんはどこぞの理由なくBANしてきておいて過ちを認めないクソみたいな大手配信者の大半に嫌われてるアホ運営とは違い好きだし基本的な方針も悪くはないと思っているのであまり悪口を言いたくはないのですが最近のツイキャスの配信者の推しは剛◯彩芽よりゴリ押しすぎて流石に引かざる負えないなと思いました。
その理由は下記の資料を参考にしてください。これは本当に無いな何がしたいんだろリアル目線から見ても配信者として見てもドン引きしました。
bandicam 2016-11-01 18-08-16-163
bandicam 2016-11-01 18-09-13-946
敢えてこれ以上は何も言いません。


~追伸~
最近お金を配信者に稼がせようとする配信サイトが増えてきましたね!
時は正に乱世、配信界の戦国時代に突入しそうですね!
ツイキャスが生きるかどうかはこの配信界の進化についていけるかどうか、配信界についてどの程度理解しているのか?ではないでしょうか!

~追伸2~
先程画像にあった『L'azur』というチームのリーダーの発言
bandicam 2016-11-01 19-41-45-490
bandicam 2016-11-01 19-51-19-488


香ばしすぎ…玩具志望かな?

コメント


管理者のみに表示

トラックバック