生主見聞録

リニューアルしました。好きなことを書きます。

大人検定の実施について

2016.04.26 (Tue)
お久しぶりです。
今日は常々思ってることを、よく配信でも述べてること『大人検定』について書かせてください。

大人検定とは僕の考える架空の検定です。
この検定は有る一定以上の年齢を超えた際に実施されるものであり、国民全てが受ける責任を負うものとします。
検定に合格出来たものは普通に生活が出来、この検定に合格出来なかったものは隔離、もしくは死刑にしてしてまってよくないかというものです。
なんとも恐ろしい制度かと思われるかも知れませんが僕はこのシステムを導入することで秩序の安定に繋がるのではないかと思っています。

皆様は今まで会った人の中で一番の悪意を持つ人はどんな人だったでしょうか?
僕はネットという公共にて多くの人と知り合いまた配信者という立場故か多くの相談を受けてきました。
例えば脅迫を行い女児を性奴隷にしようとするもの、リベンジポルノを悪用し強姦事件を起こすもの、法に裁かれない範囲で虐待を犯すものもいれば、彼女を寝取られた腹いせに家を燃やす者、貧乏に困る少女を半ば無理やり風俗で働かせる等様々な人を見てきました。
だが、所詮僕が見てきた悪人たちも世界中に蔓延る悪人のうちの一部であり、世界にはもっともっと悪い人がいると思うしニュース等で報道されるような事件のように空想と間違われそうなほど凶悪な話はよくあります。
こんな悪人達が果たして普通の人々と同じ暮らしを受ける権利があるのでしょうか?
僕はよく配信中に「犯罪はバレたら犯罪でありバレなければ犯罪ではない」といいますが本当にこの通りだと思います。
テレビ等で報道されている凶悪時間は所詮世界で起こっている凶悪事件の露見している部分だけであり、それらは所詮氷山の一角なのではないでしょうか?
僕の好きな漫画にデスノートという漫画があります。かなりの人気を誇り実写化までされているので知らない人の方が珍しいとは思いますがあの漫画でも法に裁かれぬ犯罪者を殺すキラに対し熱狂的な信者が湧いていましたよね?あの漫画でも最終的にキラが完全悪であるかどうかについての言及は控えていてキラのやり方は間違っていないのではないかと問いかける描写までありましたが、僕も完全に肯定とまではいきませんがある程度は共感を覚えます。

またよく放送中に話す話の中で雑草の話があります。
花を育てる時に人はその花が摂取すべき養分を吸おうとする雑草を引き抜きますよね?
ですが人間にはそのような制度はありません。頑張って必死に生きている人間に対し邪魔をしようと足を引っ張る人間なんて腐るほどいますし嫉妬にまみれその人に不快感を与えるような人も多くいます。
無能な人間は有能な人間を妬み悪意を向けてきます。何故人間も雑草のように引き抜かれないのでしょうか?
もちろん、引きぬくとはいえどういう基準を設けて間引くのかという問題もありますが明らかに雑草だとわかるような人はいらなくないですか?俺はクズだからと自覚し悪意の限りを尽くす人も多くいます。彼らが生きる意味って一体なんなんでしょうか?
彼らには更正の余地があるだのなんだのという意見も聞きますがそれならそれで間引くとまではいかなくても更正後も隔離するなどの何らかの処置はあってもいいのではないかと思います。事実そのような対策をとらない為に最近酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aの更正問題が大きく騒がれて死刑で良いんじゃないかという声が多く上がりましたよね。

もちろんこの制度にも多くの問題が有ります。
まずこの制度の試験の基準の問題です。何を善とし何を悪とするのか。
善悪というものは観点によります。一方から見たら善であっても他方から見たら悪となることもあります。
ですがよく考えていただきたいのですが法律は何を持って悪としていますか?
例えば法律には殺人は悪としますがそれは何故でしょう?自然界から見たら強きものが生き残り、強きものが優秀な遺伝子を残す。これが当たり前なわけです。
ですが現代社会において物理的な強さは重要視されておらず優秀という概念がかなり曖昧で多種多様なものだからこそ殺人は悪とされているわけです。
このように法律というものは他方からの考えを無視し法的価値観を押し付け民に強要しています。
こういう言い方をするのはあれですが殺人をしてみたくて興味本位に人を殺したという人だって一切の悪意があるつもりはなく他の人より知的探究心が強いだけなのではないでしょうか?そのようなある意味純粋な気持ちでさえ法の下では悪となるのです。
つまり法という価値観の押し付け強要している以上試験も法の価値観に基づき一方的に悪を決めればいいのではないでしょうか?

次にこの試験を仮に合格したとしてもその試験中だけ真っ当なふりをすればいいだけではないかという問題です。
これは防ぎようのないことですしこれを実行してバレないように凶悪犯罪をおかすものも出てくるでしょう。
ですがこの試験に落ちたものが一般とかけ離れた罰を受けていればこれが抑止力になることは間違いないと思います。
事実自分の知っている人でも初犯であれば大した罪を受けずに済むだからばれるまでは続けると考えるものもいます。
このような考えを廃止することは出来るのではないでしょうか?

またこのような試験を行うことにより向上に繋がるというメリットがあります。
昨今では競争という文化をなくし全ての人が平等であるべきだと言う主張をよく聞きますがそれは果たして向上心に繋がるのでしょうか?例えば先程の大人検定のようなものを実施し不合格とは言わないものの点数の悪い人に対して落ちこぼれの烙印を押せば不合格者と同じ末路にならないように向上心を持つ人が増えるのではないでしょうか?

もっと多くのことを語りたいですが疲れたので今日はここらへんにしておきます。
最後に一つだけ言わせていただきたいのですが法は万能ではないです。いくらでもくぐり抜ける手段もあるし所詮人間の創りだした穴だらけのルールです。まぁどちからというと法が悪いというよりは教育が悪いという意見が正しいとは思いますがとにかくこんな不完全なルールの中で生きていくのって辛いですね。まぁ完全なんて不可能なのでしょうが

コメント


管理者のみに表示

トラックバック