生主見聞録

リニューアルしました。好きなことを書きます。

もうすぐCAS一周年

2015.04.13 (Mon)
2014/04/15にCASでの放送を始めたのでもうすぐ一周年になります。
僕が放送をし始めたのはもっと前からですが今いる大多数のリスナーはCASから見始めたという新規リスナーばかりだと思います。そのことを踏まえてもやはりニコ生から付いてきてくれているリスナーさんには凄い感謝を伝えたいですし同時に僕の不甲斐なさに申し訳無さも感じます。
今回はそんな僕の一年の振り返り及びそれ以前との比較をしてみたいと思います。

2014/04/15にCASでの放送を始めた零分ですが事のきっかけはぺぃたんこでした。
今ですら放送を全くしない配信者という印象だろうとは思いますが当時のニコ生時代の僕の放送頻度は更に絶望的で月に1回あればいい方というくらいの超低頻度配信者だったりしました。
というのも元々配信頻度は他の配信者に比べ少なかったのですが自分の好きな配信者や仲のいい配信者がやめていったり、昔から嫌われているはずの臭い放送…所謂アイドル配信が横行するようになり配信の未来はもうないなと思い次第に飽きてきていました。
ある日、ぺぃたんこが僕にCASの存在を伝え一緒に天下をとろうぜという旨を伝えてくれました。
その頃の僕の中でのCASというのは「アイドル配信だらけのくさいサイト」「BAN基準に厳しいサイト」「リスナーが馬鹿ばっか」という酷い印象しかありませんでした。※一年経った今でもその印象は変わっていません。
そんな糞サイトに誘われてみて初めはやる気が一切起きませんでしたがぺぃたんこのやる気の凄さと情熱に洗脳され心を動かされて配信をすることにしました。
初めは本当にただのテスト放送をしました。当時は初めに窓付きさんにお世話になったと記憶しています。
窓付きさんは僕がニコ生に零分として復帰した直後2011年の7月頃よりちょくちょくアドバイスを頂いていたりと毎回新コンテンツにチャレンジする度にお世話になっていて本当にありがたいです。
次にお世話になったのはふわさらーくんでした。彼とは僕の友達経由で知り合った配信者で放送の基礎的なことをサポートしてくれました。
その後いざ放送を始めようとしても規制がかかっていて放送がまともに出来ず弱っていた時に協力してくれた配信者がkenでした。kenはニコ生時代の僕のリスナーであり一番CASにきてから親身になってくれた配信者だと僕は感じます。
彼のおかげでノラ猫、かやくま、あやぺち(現しじみ)、むーと君等多くのCAS配信者と知り合い多くの助言をもらいました。
そんな彼らに支えられCASを始めて僕は楽しい時間をもらいました。

CASに来て一番初めに驚いたことはなんと言っても人の数だと思います。
当時僕のニコ生の放送の30分での平均来場者数は2000人程度、ちゃんと毎日放送をしていた時でも5000人強程度でした。閲覧者数は大体1000人越え、一番多かった時でも3500人くらいだったと思います。(当時は閲覧数制限が酷くミラー放送枠を取るのが非常に大変でした…)
ですがCASでの配信は少なくても閲覧4000人、多い時は10000人を超えるほどの人数になりました。
来場者数も20000~60000人と一桁間違えてるんじゃないかというくらいのバカみたいな人数に驚きを隠せれませんでした。
また一回放送するだけでフォロワーが1000人とか2000人とか増えるので初めの目標として考えていたフォロワー10000人は数日で達成されてしまいました。

次に違いを感じたことはリスナーの質です。
僕は正直囲いはあまり好きじゃないです。というのも今は廃れた風潮なのかもしれませんが昔の配信ではリスナーにおだてられて調子に乗ってる配信者は好かれない。つまらないという風潮がありどちらかというとアンチ7割くらいの配信、またはアンチっぽい感じの適度なDISを入れてくれるリスナーが多い配信が好きでした。
ですが新規に配信を見始めたリスナー達にはそんな風潮なんて知られているわけもなく当時は「大好き」「かっこいい」みたいなコメントで溢れかえっていました。そういうリスナーを気持ち悪い気持ち悪いと叩いていたらいつの間にかコメントし辛くなったみたいで閲覧の割にコメント数が激減していたことはとても笑えました。
今はもう時代の移り変わりなんだと若干諦めています。もちろんあまり放送中に褒められたりするのは好きではないとはいえ好意を向けられて不快感だけを感じるほど腐っているわけではないのでまぁまぁ嬉しかったりもします。
でも放送中はもう少し控えてもらえたら嬉しいな~

配信していて正直一番怖かったことは影響力です。
こういう話をすると「何勘違いしてんだよw一般人のくせにw」って声も聞こえてきそうですし僕も実際そう思っていました。
ですが、放送をすると何度かCASのトレンドに乗ったり皆でページを開こうとすると配信サイトのサーバーが落ちたり、冗談で拡散したことがネットニュースに載ったり、「最近金欠で~」と愚痴れば数万のネットマネーが届く、そんな一般の範疇を超えた影響力に恐怖を感じました。
これだけ多くの人に拡散する力があれば誤った使い方をして人を追い詰めることに使ったりしたら気の弱い子なんかは簡単に自殺まで追い込めると思います。芸能人ならネットの素人配信者とは違い事務所等が律してくれたりするのでしょうが僕らはただの素人です。ただの一般人のくせに一般人の範疇を超えすぎてしまったものを持たされたと感じてしまい非常に怖かったです。
僕が本アカウントではあまり呟かないのはこれらのことが怖いというのもあります。これらは僕の勘違いだと指摘されることもあるかもしれませんが少なからず僕には荷が重すぎるというか恐怖を感じました。

配信をやっていて一番楽しかったことは夏の外配信でした。
僕がCASにきて始めてWEBカメラをつけた配信であり、多くの人が見て下さりとても嬉しかったです。
配信も勿論楽しかったですがそれよりも如来、故・ろりわさ、故・ナデコと一緒に遊んだのは本当に楽しかったです。
大学生になり仲良かった友達とも離れ僕は友人間での不快絡みを嫌うようになっていました。そんな中久々に友人達と楽しく遊べて本当に本当に楽しかったです。一人暮らしだからいつもぼっち飯(学校でもぼっち飯が好き)ばかりをしていてそれが当たり前になっていましたが、たかが友人と馬鹿騒ぎしながら一緒に御飯を食べるだけのことがあんなに楽しいと感じたのは本当に高校生の時ぶりで凄く懐かしく思いました。

最後に謝罪ですがこれは今もなおついてきてくれているリスナー及び今後も増えてくるであろうリスナーに向けての謝罪です。
僕のことを一番に囲ってくれて一番に応援してくれているリスナーさんが多くいますが僕は正直皆さんを裏切ってばかりです。配信やるやる詐欺もいつものことですし本当に低頻度な配信頻度に愛想つかれてリスナーが全く居なくなっても仕方ないと思います。にも関わらず久々に放送しても相変わらず数千もの人が放送を見てくれていることがとても嬉しくとても不思議でとても申し訳なく感じます。ですが、僕も改善したいとは思いますしもっともっと配信したいなとは思いますが僕は他の配信者のようにリアルを捨てて、という考えには至らないのでご容赦していただきたいです。
今後どれだけのリスナーがつきどれだけのリスナーが呆れて去って行くのかはわかりませんが配信の質だけは常に高めていき今まで以上の配信を見せていきたいなと思っているので変わらず応援していただけると幸いです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック