生主見聞録

リニューアルしました。好きなことを書きます。

各配信サイトについて

2014.05.14 (Wed)
今回は各配信サイトの特徴及びメリット・デメリットを評価してみたいと思います。

・ニコ生
メリット
配信サイトの中で一番規模がデカイので初見がいっぱい来る。(ただし新参は微妙。)
配信者の中で一番価値が大きいと思われる(企業からの肩入れもある。)
デメリット
運営の対応がてきとう。
融通がきかなく理不尽な理由でBANされても泣き寝入りしなくてはならない。
サーバーが重い。
画質、音質が悪い(bitrate制限)
配信には金がかかる。
人数制限が厳しい。
犯罪行為を犯すバカがいるので時々巻き込まれる。
潰されたりターゲットにされやすい。
運営が金の亡者。
BAN基準がまぁまぁ厳しい

・USTREAM
メリット
音質、画質が凄くいい
デメリット
初見が全く来ない
放送のラグが20秒ある
サーバーがよく落ちる
BAN基準が厳しい
(チャットの人数制限があるがあまり関係ない。)

・Justin
メリット
BAN基準が緩い(グロBANくらい)
音質画質が凄く良い
デメリット
初見が全く来ない
人数視聴制限100人まで

・Twitch
Justinの系列サイト
メリット
音質画質が凄く良い
BAN基準が緩い(無いかも?)
デメリット
ゲームをやらないとBANになる

・Stickam
メリット
音質、画質がまぁまぁいい
デメリット
チャットがしづらい
初見が来ない
人数制限がある(300か500くらい)

・FC2
メリット
軽い
お金がもらえる
画質音質がまぁまぁいい
初見がまぁまぁ来る
デメリット
荒らしが多い
男配信者に需要はほぼない
リスナーはおっさんばっか

・LIVEBETA
メリット
BANがほとんどない
画質音質が凄く良い
デメリット
初見が来ない
発展途上の新規サイトなのでツールが全くない

・Twitcasting
メリット
手軽に放送できる(携帯でも放送しやすい)
大手は初見がめっちゃくる(オススメ掲載)
初見が多い
通知制度が優れてる
デメリット
画質が最低クラス
外部配信ツールが使えない
過疎は初見が全然来ない(検索もしにくい)

・peercast
メリット
まぁまぁ初見が来る
デメリット
IP駄々漏れ
設定が難しい
ポート開放しないと配信することも見ることも出来ない。
基地外放送は嫌われる

・ねとらじ
メリット
まぁまぁ初見が来る
手軽
デメリット
映像が出せない
男配信者は過疎りやすい

コメント


管理者のみに表示

トラックバック