生主見聞録

リニューアルしました。好きなことを書きます。

喧嘩凸をしたくない理由

2014.05.10 (Sat)
未だに2012年年初の頃の喧嘩凸大会の頃のリスナー等がわいていてよく喧嘩凸を求められますが僕は喧嘩凸は嫌いです。
理由としてはまず大抵の人が日本語をまともに話せなくて喧嘩にすらならないからです。
言葉の間違いを指摘するとよく「揚げ足取りだ」と言われますが、
「お前はバカしか言わないな」って言われたとして「"しか"じゃないよね?」って言うのは揚げ足取りではないよね。
「バカしか言わない」ってのが相手の論だから揚げ足ではないし、それで話が逸れるのが嫌ならその発言をしなければいいと思います。
また仮に揚げ足取りだとしても喧嘩凸で揚げ足をとってはいけないなんてルールはないよね(てかノールールだよね。)

次にリスナーの質についてです。
僕は喧嘩凸のリスナーが大嫌いです。どっちが勝っているか等を正確に理解しているわけでもなく雰囲気や囲っている生主だからという理由で勝敗を判断する輩が多いのでしてても面白くありません。
例としては喧嘩相手の生主が「負けた」と認めてるにも関わらず相手の囲いが「負けていない」と騒いだりと最早喧嘩凸と言うのは囲いの多さ勝負と言っても過言ではないと思います。
これは喧嘩相手のリスナーだけに言えることではなく自分のリスナーに対しても言えることだと思っていますし、正直どこで勝ったのかもわかっていないのに「零分の勝ち」とか書かれても気持ち悪いとしか思いません。

なのでこれからも僕はあまり喧嘩凸はするつもりはないし、喧嘩を挑まれてもつまらないと思ったらすぐ切ります
それで「切ったから負け~ww」とか言う謎の自分ルールで勝ったと思うならそれでも構わないし勝敗になんて興味ないです

コメント


管理者のみに表示

トラックバック