生主見聞録

リニューアルしました。好きなことを書きます。

指定期間 の記事一覧

ニコ生とツイキャスの比較。理想のサイト

2014.04.25 (Fri)
今回は前回の記事に引き続きニコ生がオワコンサイトと化している理由とツイキャスが繁栄している理由。
そして理想型に足りないものはなにかそれらを追究していきたいと思います。

【ニコ生がオワコン化した理由】
一番はニコニコ生放送には課金制にも関わらず利用者の欲求に応えれてはいないということだ。
具体的なことは下記に示す。
・放送を視聴できるのは1000人まで(レベルによっては2000人まで)
・画質、音質が他の無料配信サイトよりも悪い
・GINZAとかいう糞verになり批判相次いでることを知っていながら改善しないところ
・サーバーが重い

また全然使えない誰得な糞機能が多すぎる。
ニコニコ生放送のランキングとして公式生放送中ランキング(http://live.nicovideo.jp/ranking)というものがあるが、大手配信者でそれを参考にしている人を未だ聞いたことがない。
ニコ生玄人は圧倒的にちくわちゃんランキングというサイトを支持している。
またこのランキングは一分間にどれだけの人数がコメントをしたのかというランキングになっているが、
1位は大抵ツール勢となっておりその荒れようを運営は黙認している。
最早ニコ生運営はニコ生を捨てようとしているようにしか思えない。

【ニコ生とツイキャスの比較】
私がツイキャスをやってみて一番初めに思ったことはコメントが優しいということ。
私がニコ生をやっていた時は理不尽な叩きと稚拙な暴言でコメントが溢れていたことが多かった。
私に限らずニコ生で配信していて一定以上の来場が来るようになった人なら誰もが体験したことがあることだと思う。
基本的にアンチが生まれることは仕方がないことだと思う。万人に好かれるような人間はいないと思うしそれを叩くことも当たり前なのかもしれない。
しかし、ニコ生でコメントをしている人の大半が匿名性であることを良いことに無責任な誹謗中傷を繰り返している。
その点ツイキャスではTwitter、Facebook、mixiのどれかに登録をしていなければコメントをすることが出来ず、無責任なコメントがし辛くなっている。
もちろん捨て垢と言われる荒らし専用のアカウントを作ることも可能だが、ニコ生のように匿名コメントがデフォルトじゃないのでそこまで荒れることも無い。

大体今時匿名性なんて時代遅れではないだろうか。
世間では2chの匿名性に違和感を感じ批判するものも相次ぐ。匿名性によるネット虐めなどは社会問題にまで発展している。
日本ではネットに関する法律が遅れていて規制が緩いのは重々理解しているがそれに甘えて匿名性を容認してどうするというのだろうか。

また、ニコ生運営は儲けている割に配信者に対して優しくない。
BAN基準が無駄に厳しい割に詳細に記述されてはいない。
尤もBAN基準を詳細に書くことは悪用に繋がる為詳細に書く必要もないとは思う。
しかしニコ生にはコミュBANという制度がある。それは皆と頑張って築きあげてきた努力の結晶であるコミュを削除するというものだが、理不尽な理由でBANをされ消されていくことが少なくはない。
そして今回のBANは誤解であるということを運営に説明しても基本的に運営はまともに応えようとしない。
それに比べツイキャスでは運営が真摯に理由を教えてくれて反省する意思を示したり配信者が知らなかった場合はちゃんとそのことを考慮し規制を解除してくれる。
この対応の差が自分や周りの配信者達がニコ生離れをしている理由の一つだと思う。

【ツイキャスに足りないもの】
このままいけばツイキャスが配信界の天下を取るのではないかと思うが、個人的にはまだ幾つか足りないと感じるものが多々ある。
その幾つかを下記に書き出してみた。

過疎配信者に対し救済措置がない。
このままツイキャスが多くなれば配信者数はもっともっと増えるであろう。
そして大手と過疎配信者の間の来場者数の差はもっと大きくなるだろうと思う。
つまらない人が過疎るのは当然であるしそれをどうこうしろとは言わない。
しかし、中には大手配信者と変わらないかそれ以上のクオリティーをしているにも関わらず過疎っている配信者が現れてくるだろう。
それを改善する為にももっと過疎配信者にも目がいくようにするべきだ。
具体的にはオススメライブ以外にも目が行くようなページを作るなど工夫をするべきだ。

ランキングを見やすく
ランキングは配信者にとって多くの人に見てもらう為のツールであり。向上心の源である。
そのランキングに変わるものがオススメライブなのだろうが、結構見難い。
これはちくわちゃんランキングを見習って早急に改善すべき点だと思う。

人気配信者をもっと優遇する
前回の記事でも記述したが人気配信者を優遇するに越したことはない。
人気配信者というのは皆の憧れであり、配信サイトの看板でもある。羨望されるべきであり目指すべき目標なのではないだろうか?
人気配信者に運営が嫌われてしまうとその配信者のリスナーや配信者仲間までも敵に回すのと同義だと考えても間違いないのではないだろうか。
御機嫌をとれというわけではないが人気配信者がいるおかげでサイトが繁栄しているという自覚をもっと持つべきだ。
また、度々述べているが将来的には人気配信者が儲かるようなシステムを作るといいかもしれない。
人気配信者は看板だ、その看板もいずれ仕事等のリアルの用事のせいで離れていく可能性が出てくる。
それを妨げる為にも職業配信者を成り立たせツイキャスに永住させればツイキャスの安泰に繋がるのではないだろうか。

放送詳細を追加
タイトルだけではリスナーに説明しきれないことが多々ある。
しかし、ツイキャスには他サイトのように放送詳細が無い。これでは企画などを説明したくても出来ない。

放送画質について
とにかく画質が悪い。ニコ生も悪いがツイキャスはもっと悪い。
画質が悪いことのお陰でゲーム配信者があまりいなくて済んでいるがにしても画質が悪い。
もっと改善してもいいと思う。
個人的にはせめてxsplitには対応していただきたい。

匿名性
3で述べたが人気配信者を失うことは配信サイトにおいて大ダメージだ。
「○○も配信辞めたし俺も辞めるかな」という連鎖も珍しくはない。
その上で重要なのが身バレだ。
最も配信で多くの人の目に触れれば触れるほど身バレはしやすくなり危険度は高くなる。
なので身バレを防止することも人気配信者を失わない為に大事なことだと言いたいが、それを防止することは不可能に近い。
ツイキャス内のコメントで個人情報流出を避けたとしてもTwitter等のSNSや2ch等の掲示板サイトにまで手を回すことは不可能に近い。
これがもし芸能人ならば身バレをしても自分の稼いできた金や事務所の力を使い身を隠すことができるが、配信者は芸能人ではない。
しかし、一部の人気配信者には底辺の芸能人を凌ぐ集客力を有していることも事実。
まぁこれに対しては対策という対策はないが、先程提案したように人気配信者が儲かるシステムを作り出せばその金を使い身バレ防止や対策に務めることは可能だと思う。

課金について
ツイキャスは機能のほぼ全てを無課金で楽しむことが出来る。
これは素晴らしいことだが僕はもう少し設けてもいいのではないかと思う。
実際ニコニコ生放送は課金制の割に課金していた人は多かった。つまり大半の人は月500円程度の課金はなんとも思っていないのである。
かと言って無課金ユーザーを蔑ろにすることはいけない。無課金ユーザーには今まで通りのクオリティーを課金ユーザーにはこれまで以上のクオリティーを提供すればいいのではないだろうか。具体的には課金ユーザーが放送すると画質が非常によくなる等どうでしょうか。


ご意見お問い合せはこちらからどうぞ
raven_niconama@yahoo.co.jp

ニコ生は衰退しました。

2014.04.21 (Mon)
生放送サイト最大の規模を誇る配信界の頂点"ニコニコ生放送"
しかし今やオワコンサイトと言われ大手配信者やリスナーの多くは愛想をつかしてニコ生から離れていった。
今回はそのかつての配信サイトの王ニコニコ生放送が衰退している理由を、2009年からニコ生を利用している者として、現二万人リスナーがいる生主として考察します。

まず衰退した理由を考えるには繁栄した理由を考えなくてはいけないと思います。
何故30分という放送時間制限を設けていて且つ課金制にも関わらずここまで繁栄したのか、
その理由を以下に記述する。
配信サイトの先駆者である
もちろん、ニコニコ生放送以前にも僕が知ってるだけでいくつか配信サイトはあったが、
ニコニコ生放送のように映像付きでポート開放等も必要ない大型配信サイトはニコニコ生放送ぐらいであったと記憶する。
他サイトからの移住
ニコニコ生放送はニコニコ動画のサービスの一つとして開始された。当然ニコニコ動画利用者の多くが流れてきたことは言うまでもない。
またニコニコには独自的なコメントを画面に流す機能があり、それがヒットし2ch等から流れ込んできた。
ユーザー生放送というテレビ番組との差別化
ユーザー生放送はテレビ番組と違い、素人が企画する初々しさや斬新さ。またテレビのように芸能人ではないことへの親近感、テレビのように配信内容にそこまで発言や内容に規制がされていないので多様な配信ができる、月500円ほど課金すれば誰でも配信者になれる等、ユーザー生放送には多くの魅力があった。

このようにニコニコ生放送には多くの魅力があった。しかし、現在何故オワコンサイトなどと揶揄されているのかその一番の理由は配信者でいることのメリットの低下だと考える。
配信を始める理由は多様であり、多くの理由がある。しかし、大体の人が自己是認欲求を叶える為大手配信者になりたいと思ってると思う。
しかし、実際大手配信者になったからと言って何も残るわけでもないし、大手配信者と呼ばれる人が増えすぎて大手配信者としての魅力やアイドル性は大分失われたとして間違いないと思う。
「職業:配信者」を夢見て配信していたものも少なくないのではないかとも思う。
こういう話をすると必ずと言っていいほど「配信は金目的でやってるの?好きだからしてるんじゃないの?」という意見が飛んでくるがそれは違う。
「好きだからこそ配信を職として成り立たせ生計をたてていきたい。」そう考えるものは少なくないはずだ。
そもそも世間は配信者というものを過小評価しすぎだ。実際大手配信者と呼ばれる人の一部は芸能人顔負けの影響力を持っていて、その喋りだけで何千人何万人というファンを作っている。
それほどの影響力を持っているにも関わらず職業配信者というのは未だに実現することは難しいと言われている。
その理由は言うまでも無くニコニコ生放送のせいではないのだろうか?
ここまで大きいコンテンツとして成り立っているにも関わらず配信者を軽視する。
配信者にだってリアルはあるから働かなくてはいけないし配信には時間を要する。人気配信者だろうがいつかは働かなくては生活することは困難となる。
この当たり前なことにニワンゴは気づけていないのではないだろうか?自社の集客の要でもあり、看板でもある大手配信者を軽視してどうするのだろうか。
才能ある人は決して無限ではない。彼らのリアルが忙しくなって配信を辞めていく以上、収益の安定性を求めることは不可能に近い。


では今後はどうするべきか、
大手配信者に得をするシステムを作るべきだと考える。
ニコニコ生放送はサイトの利益ばかりを考えて配信者を大事にしなさすぎた。
ニワンゴが本気を出せば『職業:配信者』というのも簡単に成り立っていたのではないかと思う。
(例:アフィリエイトの何割かを配信者に渡す等)
その配信者達の願いを請けてついにニワンゴが配信者の為になる(という名目の)『ユーザーチャンネル』という糞システムを開発した(爆笑)
このユーザーチャンネルは一部の大手配信者にだけ許されるシステムで、配信者は視聴者から金を巻き上げることが出来る課金制に切り替えることが出来るというシステムだ。
ユーザーチャンネルは課金制にするとアンチは愚か囲いにまで「乞食」と罵られる始末。
配信者やリスナーはそういうものを求めてるわけではない。
ニコ生運営の収益を削減することに意味があるのではないのだろうか?
何故ただでさえ課金制であるサイトなのにも関わらず視聴者に金を払わせようとするのか?
また課金制と無料制を使い分けれることにより、配信者が金目当てで配信していると言わんばかりのシステムだ。
これなら普通の放送でリスナーに振り込んでくださいと言っているのと大差無いのではないだろうか?
こういう配信者のことよりも自分たちのメリットばかりを考えているからどんどんオワコン化していくのではないだろうか?

現在は超会議や公式放送等、配信サイトの規模を利用し他の企業等と提携を結ぼうとして回復を図ろうとしているようだが、実際大手配信者と言われる人の多くはニコ生から離れているのではないだろうか?

結論としてニコ生の看板である大手配信者はもっと優遇すべきだ。
過疎配信者等からはもちろんブーイングがくるだろうがそれでいいのではないだろうか?
上を目指すものは上を羨望し憧れを抱き日々精進する。
それはニコ生に限らず大抵の職に言えることではないだろうか。
それを理解してないでニコ生の看板である大手生主を軽視している以上、このサイトに明るい未来はないのだろうと考える。


追伸
正直僕はニコニコ生放送にはもう何も期待していません。
勘違いしないで欲しいが半年ほど前から配信をしなくなったが過疎ってやめていったわけではない。
辞める直前の放送ではミラー2つを満員にするほどの盛況を博した。
しかしGINZAやユーザーチャンネル等の糞システム。消費者から多くの非難を受けているにも関わらず改善しようとしないその方針。
ニコニコを古くから愛し利用してきたものとして愛想が尽きました。
 | HOME |