FC2ブログ

生主見聞録

リニューアルしました。好きなことを書きます。

トップページ

2037.01.14 (Wed)

挨拶


当ブログの管理人の零分と申します。
このサイトではあらゆる情報を発信しています、何かの参考になれば幸いです。





零分について


職業:自営業の在宅エンジニア兼コンサルタント。
仕事で使う言語:HTML5/CSS/JS/jQuery/Java/C++/C#/Python
(ネットワークやセキュリティー、リバースエンジニアリング、機械学習、ペネトレーションテスト等もある程度は勉強したので記事に出来ますが個人的にはエンジニアとしては下の中くらいだと思ってるので期待はなさらずに。)
配信:配信歴10年越えの配信者。昔から配信頻度が無さ過ぎることに定評があります。
配信やyoutube関係の企業様とよく一緒にお仕事をさせていただいていますが無所属です。
好きな分野:スポーツ科学、武道・武術・格闘技、(恋愛)心理学、法学、経済学、IT全般、商学、哲学、栄養学等。
これらの分野を中心に記事を書いていくと思います。

以下実績
・ツイキャスにてオススメ規制中に同時閲覧数10000人を突破。
・配信内外にて多数の人間を逮捕まで追い込む。
・実質「釣り配信」というジャンルの頂点です。
・配信する度によくTwitter等のトレンドに名前が載っていました。
・喧嘩凸大会(笑)を無敗6連覇(喧嘩凸は嫌いです。) ※喧嘩凸とはネットの討論対決のこと。
・閲覧数の多すぎでいくつかの配信サイトで永久BANになっている。


当ブログについて


当ブログでは自分の好きなことを好きなように書きます。
書いて欲しい記事があればTwitter本垢のDMにてご連絡ください。
本垢→@zero_streamer
また引用や仕事についてのご依頼はメールにて受け付けております。(DMはリスナーからのDMが多くて見逃す可能性あるのでメールのほうが確実です。)
raven_niconama@yahoo.co.jp
ブログ用の通知アカウントを作りました。@kenbunroku
どちらのアカウントも基本フォロバ100%です。自分からはフォローしません。


ページリンク



同義とは

2018.08.16 (Thu)
前回実に面白いやりとりがあったので記事にする。
(なお当記事は本人からの許可を得て執筆しています。)

前とある配信者と話している時に"同義"という言葉についての話になった。
とある配信者の「同義は"同じ意味"」であるという主張に対し私は「それは違う。全く同じ意味ではなく包含関係である。」と述べた。
辞書には確かにある配信者の言う通り「意味が同じであること」「同じ意味」と載っていることが多い。
これは実に面白い内容であると感じる。

恐らくこの記事を読んでいる数名の読者には既に違和感を感じている人がいるはずだ。
ある程度学問に精通している者なら、"同義"とは厳密に「同じ意味」として使われていないことを知っているはずだからだ。
例として「同義遺伝子」という単語について調べてみる。
「1つの形質を現すのに2種類以上の異なる遺伝子座にある遺伝子が同等の作用をするもののこと」と書いてある。
この説明通り、"異なる"遺伝子座にある"同等の作用をする"ものを同義というように同じ意味として使うことは無い。
同義という言葉はAという言葉とBという言葉が「同じ性質を持っていて重なった意味がある」という意味なのだ。

学校で習ったかも知れないが同義というものは「=」ではなくそもそも「≒」なのだ。
言語には全く完全に同じ意味の言葉は存在しない。共通的な意味合いが多いか少ないかだけなのだ。( A ∩ B)
つまり辞書で言いたいことは「(この共通項目の部分を指して)同じ意味だから同義」ということだ。
わかり辛いかも知れないので例をあげる。
例として、「技術と技量」「基礎と根底」「初心と未熟」「寂しいと虚しい」
これらは同義語だが、それぞれ近しい部分はあれど完全に意味が重ならないことは恐らく誰にでもわかることだろう。

だが少し不思議なことに辞書の多くには「同じ意味」とだけ記されている。
詳しく調べたらいくつかの辞書には「完全に同じ意味になることは厳密にはないので~」とか私の先程の解説のようなことが書いてあったり、「同じ意義」ときちんと説明しているが多くのネット文献では漠然と「同じ意味」と書かれていた。だがこれは言語学に完全に反する解説だ。
例えば「国家級のサイバー攻撃は「戦争」と同義か」という記事を見つけたがこれは「国家級のサイバー攻撃 = 戦争」だと言っているわけではなく、国家級のサイバー攻撃は戦争と言えるほどのものなのかどうかという性質上の「≒」を示している。
サイバー攻撃だけでは戦争と言えるレベルではなく、"国家級" + サイバー攻撃 ≒ 戦争 と言える。

まとめ
よって同義とは「完全に同じ意味を示すもの」ではなく「(ほぼ)同じ意味(性質)を含むもの」である。
何故辞書に単に「同じ意味」とだけ書かれてあるものが有るのかは後述するが、確かに漠然とはあっていてもこれでは誤用するものが間違いなく出てしまうしこの書き方は不適切だと感じる。(前述の例の同義遺伝子という言葉の意味も訳がわからなくなってしまうね。)
「同じ性質のもの」とか「ほぼ同じ意味」って書けば良いのにね…
今回のような問題は辞書の書き手の言いたい内容と読み手の解釈した内容のズレという面白いケースだと感じたので記事にしました。恐らくこれは"同義"という說明の難しい言葉を辞書に易しく書こうとしたが故の簡易表現だったのだと感じます。

おまけ
本当はベン図を書こうと思ったのですが、ちょうどその分野を勉強してるリスナーが送ってきてくれたのでその画像を参考にどうぞ。
bandicam 2018-08-16 15-50-29-007

ツイキャスのアホキッズ

2018.08.06 (Mon)
ツイキャスではキッズが多すぎる。
ここでいうキッズというのは若い子という意味合いではなく精神的や、ネットのことへの理解度を示す意味合いです。
もちろんツイキャスだけではなくYoutubeやニコ生でもキッズは多いが近年本当にキッズが多いと感じる。
そこで、配信歴10年以上の私が「昔と違ってこんなこともわからないなんてやばいな~キッズだな~」と感じる場面をいくつか紹介します。

CASE1:知ったかキッズ
知りもしないのにやたらわかった気になって意見を述べる人がいる。
別に正しく専門的に学んでいるのなら問題ないがただのにわか知識をさも当然のように披露するリスナーが非常に多い。
以下に例を示す
例)「それ脅迫罪だからお前逮捕だな」
この例では脅迫罪という法的な言葉を用いて他者を犯罪者と断定している。
だが当然彼らのほとんどは『威嚇』を脅迫罪として捉えていて成立要件を調べたわけでもなんでもない。
そもそもネット上にて脅迫罪には当たりにくい。
リアルと違い眼の前にいるわけではないので仮に「殺す」と発言したとしても明確に危害を加える根拠として見なされないからだ。
また、確定的じゃない状況下において相手を犯罪者だと決めつける場合は名誉毀損等に当たる可能性がある。
ので、ある程度法を勉強したものは「お前それ脅迫罪じゃん」ではなく「脅迫に当たる可能性があるのでは?」という物言いをするのだ。
まぁここまで詳しくなる為に勉強をしようという話ではなく何故知りもしないのに知ったかぶるのだろうか…

CASE2:暴露や便乗配信にやたら興奮する
ニコ生時代にも非常に多かったが一々くだらない暴露を気にする人が多すぎる。
そもそも暴露なんてされて困ることは冷静に考えれば基本的に無いのだ。
仮に法に触れていたとしても有罪か無罪の判決を下すのは裁判官だということは小学生でも知っているのではないだろうか。
例えば僕は以前「未成年をレイプした」と謎の暴露をされたが全く持って見に覚えがなかったので他人の配信にて「確かに、レイプしたわ。むらむらしてやらかしました」と嘘の証言をしました。 が、当然ながら嘘の自白なので逮捕なんてされていません。
また、仮に本当に罪を犯していたとしても暴露放送をされたから捕まるわけでもない。
つまり暴露放送自体が無意味なもので一切意味が無いものなのだが、何故配信者は暴露放送をしたがるのか?
答えは簡単で暴露放送ごときで騒ぐアホなキッズ達を利用して閲覧数を稼ぐために皆暴露放送をするのだ。
私は暴露配信が嫌いなので配信にて暴露をしたことは滅多にない(成り行きでなってしまったことなら数回だけ)
私が暴露配信を嫌いな理由としては、まず集まってくるリスナーはその中身のすっかすかな暴露配信で喜ぶような最底辺の民度であること。また、その中身すっかすかな配信でリスナーを集めるというリスナーを小馬鹿にした態度が嫌いだからだ。
自分の身内には昔から暴露配信をしてリスナーを集めていた者は何人もいるが、やはり皆閲覧稼ぎに必死なのだ。必死だから自分の力だけではなく他者の名前の影響力も借りて人数を集めるのだ。

CASE3:感情論でしか考えれない
これは別に配信界に限ったことではないがやはり感情論でしか考えれない人が異常に多い。
例えば先日とある虚言癖の少女を問い詰めていた時とあるリスナーが「悪いことをしたからって高圧的な態度はよくない」と言ってきた。
全く持って訳がわからない。
例えばそれが法に触れるような物言いだった場合なら問題性は有るだろうが悪いことをした人を問い詰める時に優しい口調にならなくてはいけない必要性など一切ない。
取り調べ等でもそうだが容疑者に対しては警察はヤクザばりに怒鳴り散らし問い詰めてくる。では警察は悪の組織なのだろうか?
その質問に対しリスナーからの返答は「お前が怖いから相手は黙っているんだ」という謎の理屈だった。(ちなみにこの後に黙っていたのは矛盾点が多かった為に嘘がバレたくなくて黙秘していたと本人が発言)
そもそも相手が怖いから黙ってていいというのは一切筋が通らない。
被害を食らった人が怒るのは当然であり、怒っている人が恐いというのは赤ちゃんでも知っている理屈だ。
だが、彼らアホなキッズの主張によると「相手が悪いことをしたからと高圧的な態度は間違っているし黙っているなら相手のペースに合わせて待ってあげるべきだ」という主張である。
つまり要約するとアホキッズの主張は「お前は一方的に被害を食らった挙げ句下手に出て、加害者の為に貴重な時間を費やせ」ということである。
これは子供に限ったことではないのだろうが論理的に考えれない人間は多数存在する。
普通に考えれば「被害者は謝るべきだから保身の為に黙ることなく、悪いことをしたんだからとっとと謝るべきだ。待たせて更に相手に迷惑をかけるな」ということはわかると思うしむしろ親にそのように教育をされてこなかったのだろうか。キッズの将来が非常に心配だ。。。

ブログを書くのが飽きたので今日はここまで。
そのうち気が向いたら追記します。

零分が配信をしない理由

2018.06.16 (Sat)

零分が配信を中々しない理由


零分が配信をしなくなった理由ですが色々何故か憶測がたっていて的外れな意見ばかりなので今一度僕が配信を中々やらない理由を述べたいと思います。



零分実は◯◯説の否定


・零分実は逮捕されてた説

これ配信サボる度に毎回言われますけど逮捕されて無いです。
ネットへのIN率はかなり落ちたりする時期もありますがそれでも毎日誰かとは交流してるのでまぁガセですよね。

ちなみに昨年誰かさんのせいで警察のお世話にはなりましたけどそれは冤罪だったので数時間で開放されましたよ。
虚偽の通報って嫌ですね。


・零分特定にビビってる説

残念ながら一度も個人情報特定されたこと無いんですよね。
僕は2016年に事務所を立ち上げその時にリスナーや知り合いが遊びにきていたので中には僕の個人情報を知っている人もいるかと思いますが公の場にバレたことは今の所一度も無いですね。

そもそも学生の頃ならともかく社会人の自営業やってて今更個人情報バレても困らないでしょ。
いい例としてぺぃたんことか本名どころか学校名までバレてたにも関わらず、人のこと潰したりしてたけど実害無いじゃん。ニコ生時代ならともかく今の御時世警察も簡単に動くし怖いことなんて何もないよね。

これ学生の時から言われてたけどもしもバレてたら流石に人を逮捕まで追い込む放送とか釣り放送とか学校への電凸が怖くて出来ないわ。


・恋人出来たから配信辞めた説

残念ながら恋人いないしむしろいた時の方が配信頻度増えてたんだよね。
このことについては後述します。


・過疎ることにビビってる説

いや、過疎ってないじゃん!
夏頃も一年ぶりにやったけど閲覧数10000人越えてたしこの前のサブ垢のてきとうな企画でも3000人くらいきてましたよね。

何故か時代に合わなくなったから過疎るのが怖いとかって邪推もよく言われますけど、過激な配信に需要がない時なんて無いですしそもそも知ってる人はわかってると思いますけど僕は他のどの大手配信者よりも基本的にゲームが上手いんでむしろ今の時代のニーズにあってると思いますよ。(配信でやりたくないからゲーム配信者にはなりたくないけど)

余談だけど僕は昔から超配信頻度低いんでその度にもうお前はオワコンだよって宣告されるんですけど一度も復帰して過疎ったことないですし、
そもそも零分の名前の前の時なんて配信者名ごとしょっちゅう変えてたけどすぐに人が戻ってきましたよ。
まぁクオリティーの力ですな^O^


・リア凸にビビってる説

配信中にりんごを握りつぶして週刊少年誌を引き裂く武術歴20年くらいの男がリア凸ごときにビビると思うか!?
そもそも僕の職場は自宅ですし、前の職場だった事務所はリスナーに住所晒してましたし。

ちなみによく聞かれるんですけど「じゃなんで顔出ししないしオフ会もしないの?」ってことですが「する意味を感じないから」です。別に出せないわけでも会えないわけでもないです。
顔出さなくても人くるし、オフ会して女の子食ったり金儲けたいと思わないんでしないです。
ちなみによくご飯食べにいくネットの知り合いとかはいますよ。


配信をしない理由


じゃなんであれほどの閲覧数を保持していたにも関わらず配信しないのってことですが理由は色々あります。

・そもそも配信があまり好きではない。

他の配信者は毎日何時間も配信してるけど本当に尊敬します。
だって別に配信に楽しさを感じないしだったら他の事に時間費やしたいって思ってしまう。

・元々配信頻度が低い

新規の人とかが勘違いしてますけど、僕は元々ニコ生やねとらじの頃から死ぬほど配信頻度が低いです。
リアル頑張ってた方なので
毎日7000とか9000とか着てるから勘違いしてる人もいますが実は本垢ではまだ100時間すら放送していません。
bandicam 2018-04-11 06-31-40-532


・別に金に困ってないしちやほやされたいわけでもない

配信者の友達に「何がモチベなの?」って聞くと皆「金の為」「ちやほやされたいから」という意見が多いですが、僕はお金にもさほど困ってないし、ちやほやされたいとも思いません。
お金は自営業のせいってのもありますけど知ってる方もいると思いますがFXのせいですね。

ちやほやされたくないってのはリスナーからの好きってすぐに冷める一時的なものだと思ってるんでそういう安い好意は嬉しくないんでなんとも思わないですね。
性欲もあまり無い方なんでパコリたいとも思わないしまぁ本当に配信をやる必要性があまり無いんですよね。

・やることが多すぎる

先程までの説明として今特に配信のやる気がない理由はやはり配信以外にやりたいことが多すぎることですかね。
勘違いしないでいただきたいのですが、僕の仕事は全く忙しくないです。
自営業だし電話で人にアドバイスしてるだけでお金もらえる仕事なんで本当に楽です。一週間丸々仕事をサボる時もあるし一日二時間しか働かないこともいっぱいあります。


前まで配信してた理由


じゃ「なんで前まで配信してたの?」って事もよく聞かれますけど元々配信頻度低いし配信も大手になりたいとかじゃなくて、
元々ジュードさんって言う僕の最も尊敬する釣り配信者さんが、釣り配信をしててそのクオリティーの高さを見て、僕も自分の思うクオリティーを皆に評価してもらいたいなって思ってやってたら勝手にリスナーが増えただけです。

僕にとって配信は芸術発表会みたいなものなんです。
放送外で考えたネタや頑張って作った動画を皆に見て評価して欲しいってだけです。


忙しい一番の理由


現在僕の職業は主にエンジニアとコンサルタントですが、
エンジニアとしては現在自営業ということもあって色んな分野に手を出しすぎてて勉強しきれていない状況です。
普通エンジニアなんて1,2言語覚えてれば職としては成り立つんですが、僕の場合はWEB系やWindowsアプリ、スクレイピング、機械学習、リバースエンジニアリング等色んなことに興味を持ちすぎて、色んな分野の勉強をしてもしても時間なんて足りないのです。

言語だけではなく、エンジニアをやる以上はセキュリティーややサーバーやネットワーク関係の勉強をしなくてはいけないし、本当は数個に絞るべきだし絞ろうと思ったことも有りますが全部に興味を持ってしまったんで全部学習しようと思っています。
学校の勉強は大嫌いで中高大まともに勉強した覚えはないんですけど、昔から自分の興味有る分野の勉強はやめれないんですよね。

また、元々海外に住んでたのもあって近い将来に海外に移住しようかなってことも考えています。
エンジニアって難しいことを学ぼうとするとどうしても英語や中国語の文献にたどりついてしまうんで、大嫌いだったけど毛嫌いしないで今は英語の学習に努めています。英語を覚えたら次は中国語だ~w

ちなみにコンサルタントの仕事は凄い楽です。
自分の知ってる知識を言えば良いだけなんで本当に楽です。
これだけでも食っていけるし配信だけでも食っていけますがどうしても知識欲に負けエンジニアとしての勉強をやめることは出来ません。

それともう一つはやはりゲームですかね…
知ってる人は知っていると思いますが個人的に多くのゲームで成績を残したりしてるほどゲームが大好きだったので、最近は一日一時間もやらない日もありますがやり出すと40時間ぶっつづけでやるくらいのことも珍しくないです。
ショートスリーパー最高~!!


これからの配信について


こんだけ力説したからには「もうやることはないの?」って思ってるかも知れないけどそんなことはないです。
当時はフォロワー数1万人なんてほとんどいなかったから5万ちょいくらいいればええやろって思ってましたけど、今は抜かされることも多くなってきたしそろそろ色んな面で進化したNew零分を皆に見せつけてやろうとも思ってますが、如何せん勉強をやめることが出来ません。
熱中しだすと周りが見えなくなるんですよね。実は最近上記のこと以外にも画像編集や動画編集も極めようと思ってデザイン関係で働いてる方にちょくちょく教えてもらってるんで更に時間が無くなっていきますね^O^

また、配信しなくなった個人的な理由としては彼女がいなくなったのも大きいんじゃないかなって思ってます。
彼女が居た時は学習の疲れやストレスを彼女に癒やしてもらってたけどそういう存在がいないんで尚更心のゆとりがないんですよね。
前までは彼女に配信を応援してもらってたんだね。やっぱ4年間も支えてもらってた存在がいなくなるのは辛いですな~

ただ配信関係で関わってる企業のいくつかにも「零分さんが配信してくだされば良いんですけどね~」みたいな微妙な圧力を毎回かけられてるしせっかくお世話になってるからには企業の方にももっと良い思いをしてもらいたいので頑張らねば~!!とは思ってます。(ちなみにこれもよく聞かれますが無所属です)

でも他のニートの配信者の方みたいに暇でもないしやりたいことがないわけでもないんで彼らほどの事を期待しないでください。
毎日1時間は配信できるようになれればなとは思ってます。


大きくなりすぎる影響力が嫌だ


書き忘れていましたが、大きくなりすぎる影響力が怖いってのもありますね。
当時配信していた時、1日でフォロワー1000~3000人ほど増えていたのですが、あまりに影響力が大きくなりすぎて毎日配信する度にTwitterのトレンドに「零分」の名前が載ったり、有名なサイトやニュースサイト等に名前が取り上げられることに恐怖を感じてるってのはありますね。
叩かれたりするのが怖いとかって意味ではなく、例えば僕は大手になりたかったわけじゃなかったのでわざと自分のニコ生のコミュニティを消していた時期がありますが今では声がバレてしまい名前を変えることすら許されません。
※コミュBANラッシュの時の話ではないです。

あまりにも多くの人に見られて配信するのが嫌だったのでサブアカウントを「Eleven」(@z1_v)って名前で配信していましたが、毎回オススメのトップに載ってしまうので諦めて、サブサブサブと呼ばれるオススメに載らないアカウントを作成。
そこでひっそりやっていたが、結局バグでオススメに載ってしまったが為に結局そのアカウントでもオススメトップになってしまい配信をひっそりやることが困難になってしまいました。 ※現在はパスを忘れてしまったので使っていません。

あまり気合いを入れた放送をしたくないのにある程度閲覧がいると皆を楽しませてあげなくちゃって気分になってしまうんですよね。
だから気合い入れた放送は疲れるし本垢くらいでしかしたくないのでひっそり過疎放送をしたいってのも理由の一つです。

賢い人の見解

2018.06.14 (Thu)
何度も配信中に説明するのが怠いので配信ですぐ見せれる資料用としてこのブログを記します。

賢い人ってのは多少の差異はあれど、大抵の場合見解が似ると思っています。

具体例としてFPSやPUBGで例えるとする。
ゲームには基本的に強いチームというものがいくつもある。
それらにおいて考え方は多少異なったりするが基礎的なところでは皆共通的な意見を持っている。
例えば近距離の撃ち合いにおいてわざわざ単発撃ちをする人は少なく(フル)バーストで撃つ人がほとんどであろう。
何故説明書に書いてあるわけでもないのに全員が全員同じ結論に至るのか?
それはDPS(一秒当たりの火力)という観点において「敵を最も早く倒せる」のは単発ではなくバースト撃ちだからだ。
同じように基本的には相手の視野に入ることを極力避け、どこから来るかわからない状況を出来るだけ作るというのも大体の撃ち合うゲームの基本となるだろう。
これは当然目視できてる物を撃つのといつくるかわからない状況で撃つのでは反応速度が変わってくるという当たり前の話だからだ。
だが初心者の場合はどうだろう?
私は近距離でも単発を試みたり、壁に寄らず道の真中を闊歩している人を何度も見たことが有る。

ゲームだと分かる人とわからない人がいるかもしれないので別の例えとして、人間のコミュニケーションを例にしてみる。
ある程度まともな生活を営んでいる者は、基本的にさほど親しく無い人にしつこすぎるほどチャットやメールを送れば嫌われやすいということを知っているはずだ。
また、別にそんな気がなくとも大して仲良く無い異性に対し「会おう」という旨を告げれば体目当てを疑われて間違いなく距離を置かれる。
他にも自分の不幸アピールをしたり、ネガティブ発言が多いと嫌われるというのは人間の心理として当然のものだが、
これらは辞書にも法にも載っているわけでもなく学校や親に教えてもらうでもないが大体の人が共通して漠然と認識していることだ。
だが、コミュ障はこれらの事を平然とやってのけてしまう。それらに別に痺れも憧れもしない。

これらは通称『常識』と呼ばれるものだ。
常識とはその集団ごとに違う。
例えば日本では食器でご飯を食べるのが常識だが、他国では手で食べるのが常識な国も当然ある。
国や地域に限った話ではなく常識は社会(集団)ごとに異なるので先程の例え通り、ゲームにはゲームの常識が有る。

前述通り常識とは多くの人が共通的に認識しているものだが人によってその認識のレベルは大きく異なる。
例えばマンホールが丸いというのは常識だがマンホールが丸い理由を答えれるものは全体の何%だろうか?
人間は恋愛をするが恋愛の理屈をしっかり説明できるものは何人いるのだろうか?
皆恋愛をするが倦怠期の理屈をしっかり理解し倦怠期を乗り越える為の適切な知識を持っている者は何人いるのだろうか?

私見だがこの知識という分野において人間は四種類にカテゴライズされると思っている。
理解出来ている人…ベストという確証は無いが適切な理屈を理解できている人。
理解しようとしている人…理屈は理解出来ていないがそれは知識が足りてなかっただけ先程の例で言うならマンホールが丸い理由を調べようと思わなかったり、調べてもその理屈に当たる文献を見つける事が出来なかった人。
理解しようとすら思わない人…マンホールが丸いという事実は知っているがマンホールが丸いことなんてどうでもいいし興味が無い人。
そもそも知らない人…外国に住んでいる等マンホールが丸いなんてそもそも知らない人

私の経験上ほとんどの人は下の二つに属されると思っている。
もちろん知識が無いことが悪いとは思わない。例えばマンホールが丸い理由なんて知らなくても何不自由生活は出来るし使いみちなんてないであろう。
だが問題なのは多くの人が大した知識も無くそれらを批判したりすることだ。

例えば当然ながら皆が皆恋愛心理学を勉強しているわけではない。
だが何も知りもしないのに「別れたほうが良いよ」と分かった気になってまるで見識者のように語る人は多く見かける。もちろんそれを鵜呑みにする方も問題だけど。
別に必ずしもベストなアドバイスをしなくてはならないわけではないのでベターなアドバイスをすることも問題ないが多くの人はベターとすら呼べないレベルのアドバイスを述べる人が多い。
おまけに質の悪いことに彼らの大半は自分に大した知識があるわけでもないのに見識者のように語るだけではなく、それらについて正しいかどうか調べようとすることは無い。または調べてもわからないから知ったかぶるという人で溢れている。

別に無知であるということは恥ではないのだ。年齢による差や勉強してきた密度の差、分野の差があるので別に知らないことやわからないことは恥だとは私は思わない。
だが自分が無知であることを自覚できていない者は恥である。所謂ソクラテスの言う無知の知だ。
こんな記事を書いても無知であることを自覚できていないような馬鹿がこんな小難しい話の記事を読むとは当然ながら思っていない。きっと馬鹿は今まで通り女の尻でも追いかけて大して考えることも無く生きそのうち死ぬのであろう。別に他者の人生観は否定しないしこれらの差はIQという先天的なものによる差であると思っているので仕方ないことだと思っている。
だが、もう一度述べるが無知であることは恥ではない。
知らないことを知ろうとしたり、勉強しても理解できないことは一切恥ではない。
本当の恥とは知ろうとすらせず偉そうに井戸の底で物を述べる奴だ。

初めの話に戻るが基本的な部分において見識者の意見は共通する。
だが、見識者同士であっても意見は異なることは多々ある。
例えばチームVSチームのゲームがあるとする。
戦略として「極力味方が来るまでの時間を稼ごう」というチームもあれば、「あそこは強いポジだから一人で相手の敵を全員倒すことが出来るだろう」とカバー(味方が助けにくること)に向かわないチームもあるだろう。
それらはチームごとに考え方が違うし、理論値重視で動くか統計的な理論で動くか等観点によって見解が異なるからだ。(だが当然ながらどのチームも道端の真ん中で踊っている馬鹿は流石にいない。)
これについても自分の意見が正しいと他者を否定するのではなく、他者の意見も聞いて「そういう考え方も有りだよな」と認識することも重要である。
この時に重要なのが論理的思考である。
ゲームなんてやったことが無いような素人から見てもある程度論理的な思考が出来れば壁に寄り添わず道端の真ん中に棒立ちしている人や、視点が敵が来る場所ではなく味方の方を向いていれば下手だなとわかるはずだ。
このように論理的思考はどのような物事においても優れた見解を持つ上で重要である。
だが、当然世の中には理屈を考えれるほどの論理的思考が得意じゃない人も多くいる。
それらの人は成長速度は運任せの部分が多いが基本的に何千時間もこなせば熟練者とされる。
彼らは先程のゲームでいうところの、何度も死に何度も撃ち殺している間に、どう立ち回れば勝てるのかということを感覚で理解できているからだ。これは当然ゲームに限ったことではない。世の中の物事の全体に言えることであり皆も人生において「なんとなくこうした方が良い。」という認識を持っているはずだ。
だが一部を除いて当然感覚派よりも理論派の方が有利であることは当たり前であろう。
例えば配信においてテロップは過激な方が閲覧が来る。
ツイキャスにていつも過激なテロップを出している人がある時別のテロップで配信しようとした時に「過激な方が人が来る」という理屈をしっているかどうかで閲覧数は大分変わるのは当然の話だ。
同じように他にも過激な物が受けるんだということがわかれば配信に限ったことではなくとも広告業をこなす時にその配信での知識は必ず役に立つであろう。
このように分野は違えどその理屈を理解してるが為に他分野でも有利になれるポイントはいくらでもある。

今回は多くのことを述べたが、最後に人生のアドバイスとして相手がどのような人であるかを見極めることは重要だ。
例えば素人が「理由は知らないけどなんとなくお前癌じゃね?」って言われてもそれを信じる人は中々いないだろうが医師が「恐らくその症状は癌の特徴を発症しているので癌である可能性が高いと思います」という意見を信じる人はほとんどであろう。
一々頭の悪い人の意見を鵜呑みにしていても仕方ないしそれらを気にしたってしょうがない。だが相手が見識者のように論理的に話せるのなら納得したり理解できなかったらそれらを蔑ろにしてはならない。
また、自分の納得出来ないことであっても自分が見識者だと認めるほどの人間であった場合はそれを鵜呑みにする方が人は簡単に生きられる。人間の半数以上は馬鹿なのだから。
また、知ろうとしない考えない馬鹿であるのならば恥じるべきだが(恥じるほどの能も無いだろうが)、無知であることを恥じることはない。知ろうとしたり考えようとしているのならば一切の問題はないのだ。
 | HOME |  Next »